このサイトについて

人気の保育士職

保育士は今も昔も女性に人気の仕事です。
小学校の頃に「将来なりたい職業は?」と聞かれて「保育園の先生」といったようなことを言っていた人も多いのではないかと思います。
保育士は数年前まで「保母さん」と呼ばれていたように、女性が多い職種として知られてきました。
ですが現在では少しずつながら男性の保育士さんや仕事を希望する人も増えてきており、働き方や必要な知識なども年々変化をしてきています。
結婚や出産をへて再就職をするときも、専門的な資格がないと就くことができない保育士の仕事は長く続けやしすいというメリットがあります。

実際には厳しい面も

しかしそんな大人気の保育士の仕事ですが、実際の現場を見ると必ずしも恵まれた理想どうりの環境が整っているというわけではないようです。
社会的に「待機児童」が問題になっていますが、実際のところその受け皿となる保育園の数を人口の多い都市部などでは確保することができず、慢性的な保育士人材の不足という事態が起こっているのです。
少子化が進んでいるのだから、子供に関わる仕事の数は減ってきているのではないか?と一般的には思われているようですが、実際には真逆の現象が起こっています。
なぜそのような託児施設の不足が起こるかということについてはいくつか要因があるのでここには記載はしませんが、とりあえず確実なのはそうした人材の不足が現在働いている保育士さんたちにとって大きな負担になってきているということです。
ですので、せっかく子供とのふれあいというやりがいを求めて保育士という仕事についたのに、実際の業務内容の苛酷さからやむなく退職や転職を選んでしまったというような例もかなり見られています。

長く続けるためにはまずは実態の把握を

保育士という仕事は働く本人の満足感ややりがいを与えるだけでなく、将来を担う子供たちの心身を育むという社会的にも大変に意義のあるものです。
それだけに希望を持って就職をする人たちが早期に退職をしてしまったり、せっかく取得した保育士免許を眠らせてしまうことになるのは大きな社会的な損失です。
できるだけ長く仕事を続けていくことにより、自分ではない人の子供を預かり育てるということについてのノウハウを蓄積することができ、それがまた次世代の保育士さんたちを育てる大きな礎にもなっていきます。
ですので、現在保育士免許を持っている人ばかりでなく、現在学生の方やもしくは他業種からの転職を考えている人にはよりよい環境で長く保育士の仕事を続けることができるようになってほしいものです。

そのためにはまず実際のところ保育士という仕事はどのような環境におかれており、現場での仕事はどのようなものかということをよく知っておくことが大切になります。
このサイトではそうした保育士になりたい人や、もっと長く仕事を続けていきたい人のための情報をまとめています。

【このサイトの内容】
保育士とは
保育士になるには
保育士の仕事内容