子供に関わる仕事

児童厚生員

児童厚生員とはどういう仕事か?

児童厚生員とは保育士や幼稚園教諭、その他子供の教育に関わる仕事をしている人をベースとした仕事で、児童館や児童クラブといった子供が多く集まるところに勤務をしてそこでの子供の世話をしていきます。
地域にある福祉施設には乳幼児だけでなく小中学生、高齢者といった人たちも訪れますので、それらの人を相手に一緒に楽しむことができるよう内部の世話をしていくことになります。

資格を取得することは難しくなく、それまで保育士や学校教諭の免許がないという人であっても児童健全育成推進財団の行う研修会を受講することにより受けることが可能です。

児童厚生員には一級~二級という段階が設けられており、さらに特殊な環境にある児童を世話できるように上位資格として「児童厚生一級特別指導員」や「児童健全育成指導士」といったようなものも設けられています。

基本的には最初の資格となる児童厚生二級指導員を取得していればほとんどの業務において困ることはないのですが、現在国の福祉制度をより充実したものにしていくために厚生労働省などは積極的に上位資格をとっていくということを推奨しています。

児童厚生員の職場と仕事の内容

児童厚生員として勤務をするためには、事前に保育士や各種教員免許があれば改めて取得をしなくても大丈夫です。
児童厚生員の主な役割は「児童の遊びを指導すること」なので、子供が多く集まる施設においてそこにいる子供たちとコミュニケーションがといれるレクリエーションを考えていきます。

そうした実際の業務内容に役立つように、最初から児童関連施設での仕事をしようとい児童厚生員を目指す人の多くは大学で児童心理学などを履修しており、子供の心理面について詳しく知ってその上で遊びを提供するという方法が取られます。

他にも社会福祉学、教育学、社会学といったものを履修してから児童厚生員を目指すという人もおり、事情を抱える子供たちからのメッセージをいち早く察知しそこからどういった遊びを提案していくのが望ましいかということを考えることが仕事になります。

具体的な勤務先となるのは地域にある児童館や児童遊園、児童センター、もしくは地域子育て支援センターといったようなところです。
民間の託児施設で子供を預かることもあるので、やはり業務としては保育士にかなり近いものであると言ってよいでしょう。

児童指導員として仕事をしていくためのポイント

児童指導員は他の介護・福祉系の資格とは異なり、あらゆる分野から流動的に勤務をすることができるようになっている仕事です。
こうした子供様子から見守りをするという仕事は経験が大きな要素になることもあるので、一般的には他の仕事の経験のあるベテランを雇用するということが多いようです。

児童指導員として仕事をする人の多くが保育士資格や社会福祉士、小中学校・高等学校教員免許などの資格を先に取得して先に数年経験をしています。
採用は地方自治体が行う公務員試験によることがほとんどなので、それまで別の公的施設に勤務をしてきた人が異動によって就任するというケースも有ります。