子供に関わる仕事

児童指導員

児童指導員とはどういう仕事か?

児童指導員とは、家庭の事情により両親と一緒の生活をしていくことができないという子供に対し児童福祉施設でその生活の指導を行っていく仕事です。

児童福祉施設は全国各地にあり、それぞれの家庭の経済や人間関係などの事情、あるいは子供の障害の問題などにより両親との一緒に生活が難しくなった子供達を受け入れています。

そうした施設に暮らす子供たちの親代わりとなり、内部で生活をしていく時の教育や身の回りの世話、必要な手続きなどをしていくということが児童指導員の主な役割です。

児童福祉施設にも障害者施設や知的障害施設などいくつか分類があり、内部で勤務をする児童指導員もそれぞれ世話をしていく上での必要なスキルが求められます。
内部での生活においては生活指導計画を立てるほか、施設内での会議や連絡をしたり地域の福祉施設と連携しながら必要支援を受けられるような準備を進めていきます。

勤務をするときには児童指導員任用資格という資格が必要とされており、取得をするためにはあらかじめ児童指導員養成学校で必要な課程を経るとともに資格試験を受けるなどの方法をとらないといけません。

児童指導員任用資格を得るためのルート

児童指導員は古くは男性が取得する「保育士」という資格という位置づけになっていました。
以前までは「保母」という呼び名からわかるように子供の世話をするのは女性の仕事とされてきましたが、現在においてはそうした男女の区別なく「保育士」と呼ばれるようになっています。

そのこともあり従来までの「保育士」と「児童指導員」という資格は全く別のものとして扱われるようになっており、資格を得るためには別々のルートにより必要な課程を受けなければいけません。

児童指導員となるためにはまずは厚生労働省の管轄する養成機関を卒業するか、もしくは福祉系の大学などを卒業して社会福祉士もしくは精神保健福祉士の資格を得ます。
他にもいくつかある養成課程を受けることで、多くは試験を特に受けることなく自動的に資格を得ることができます。

資格として他の福祉系資格との併用もしやすく、小中学校・高等学校の教員免許を取得している人材が実務経験を積むことにより特例的に認められることもあります。

全体的な位置づけとしては保育士の資格とほぼ同等のスキルを備えていると思われる人ならば採用がされる可能性がぐっと高まるということになります。

実際の職場と採用状況

児童指導員の実際の職場としては全国にある児童養護施設の他、福祉型障害児入所施設や医療型障害児入所施設といった入所をしてそこで子供たちが生活をする場所が挙げられます。

他にも福祉型児童発達センターや児童家庭支援センターといったようにそこで子供を預かりつつも地域の福祉活動を広く行っていくための施設でも多く募集がされています。

内部で行う仕事としては、まずそれぞれの入所施設の規模によりほかの職員と連携をとりながら一緒の生活をしていくということになります。
児童養護施設には小舎制・中舎制・大舎制といったように規模によって区別がされているのですが、そこで勤務する職員の数も変わってきます。

内部で勤務する児童指導員は起床から食事作り、洗面や部屋の掃除など家庭生活とほぼ同じように子供たちの世話をしながら成長を見守っていくことになります。