子供に関わる仕事

保育士のつらいこと

保育士になって辛いことってどんなこと?

保育士という仕事は、子供たちをしっかりと支えることができる本当に重要な仕事です。
だからこそ、この保育士を目指したいと考えている人がおおいのですが、実際に保育士を目指してみると思った以上に大変なことが多く、悩みを抱えてしまう人も少なくないと言われています。
では、そんな保育士のつらいことについてまとめてみました。
保育士は、いったいどういったことを辛いと思っていて、大変さを感じているのでしょうか。

自分の子供の行事に出られないことがある

保育士だって、ママさんであることは非常に多いですよね。
ママさんである以上、自分の子供の成長をみることができる行事への参加をしたいと考える人は多く、それは当たり前の感情なのですが、どうしても仕事の行事が重なるとそちらを優先しなければなりません。
担任をもつと、やはり子供たちに責任が出てきますよね。
そういった保育士の仕事は、時として本当につらく感じることがあると言います。
自分の子どもの行事には出られないのに、人の子供の行事に力を尽くすと考えれば、それはやはりどこか切なさがあるものです。
しかし、それでも自分の教え子たちがしっかりと行事をこなし、親御さんが感動する姿をみるのはやりがいが湧いてくるもの。
特に、保育園は乳児のうちからクラスに入ってくる子がたくさんいます。
そんな子供たちがどんどん大きくなり、行事でできることも変わって行くというのを見られるのは、やはりやりがいにつながって行くことも多いです。
だからこそ、「辛いことがあっても保育士は続けたい、やめたくない」と考える人がおおいのです。

保護者が求めることと、自分の保育の方向性がちがうとき

保育士には、やはれ多かれ少なかれ「こういう保育がしたい」という理想があります。
そんな理想が、やはり保護者の理想とはぶつかってしまうこともあります…。
子供は可愛くても、保護者との関係がうまくいかない…と悩む人は本当に多い様です。
しかし、そういうことがあったとしても、目の前の子どもが育っていく姿をみることができるというのは嬉しいもの。
だからこそ、保育士と言う仕事を理想とする人がおおいのでしょう。

「保育士になりたい」という夢があるひとは、ぜひその気持ちにまっすぐ努力をしてみてほしいですね。
つらいこともおおい、でも楽しいことも本当に多い仕事です。