1. >
  2. >
  3. チャイルドマインダー

チャイルドマインダー

チャイルドマインダー

今注目のチャイルドマインダーについてかんがえよう

子供とかかわることができる資格と言えば「保育士」が非常に有名ですが、実は保育士と同じくらい有名なのがチャイルドマインダーという資格になります。
おそらく、保育士の資格について考えたことがある人なら、チャイルドマインダーについてもご存知なのではないでしょうか。
そんなチャイルドマインダーがどんな資格なのかについて、ここでご紹介したいと思います。

少人数保育を可能にするスペシャリスト・チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、行ってみれば「少人数保育」のスペシャリスト。
保育園などで子供の世話をするのではなく、自宅で開業をして子供を預かるスペシャリストになります。
また、保育士が国家資格であるのに対し、チャイルドマインダーは民間資格であるということも大きな違いになりますね。
このチャイルドマインダーの資格をとることで、子供たちを預かって開業をすることができるため、チャイルドマインダーの資格は非常に高い人気があるのです。
保育士をやめた人が、このチャイルドマインダーの仕事で独立をするということもあるようです。

それだけでなく、子育てに一段落した親御さんが自身の経験を活かしてチャイルドマインダーになるということもあるそう。
子育てをした親御さんは、「自分の子育ての経験を活かしたい」と考えてこのチャイルドマインダーを目指すというケースもあるそうですよ。

チャイルドマインダーは、1人~4人までの子どもを観る仕事

保育士とは違い、チャイルドマインダーは1人から4人までのこどもをみまもります。
少人数をじっくりとみるお仕事と言えば、おわかりいただけるでしょうか。
自宅で行う事もあれば、「子供をみてほしい」と希望している親御さんの家に行き、子供を見守ることもあるそう。
そのひとによって働き方はさまざま。
しかし、いずれいせよ「子供に関わる新しい働き方である」ということにかわりはなく、女性が子どもにかかわりながら働くという新しい形を導き出すことが可能です。

高い合格率も、チャイルドマインダーを後押ししている

チャイルドマインダーの合格率は70パーセント以上とかなり高くなっていることも、この資格の人気を後押ししているようですね。
子供を育てるママのたまのリフレッシュに、このような資格をもっている人が協力をしてくれるといいですよね。
今後、子供を育てているママの強い味方になってくれそうな資格であることは間違いありません。