子供に関わる仕事

求められること

保育士に求められる資質について

保育士になるには、やはり「資質」が必要になります。
保育士に求められる資質についてはいくつかありますので、「どういった資質が必要になるのか」について、考えていきたいと思います。

子供が好きであること

「好きなだけじゃ仕事を続けることはできない」と言いますが、やはり保育士に求められる資質のひとつとしては「子供が好きである」ということは欠かせない条件になっています。
保育園の場合、0歳からはいるという子供もいますので、そういった子供が大きくなって卒園していくまで見守ることが仕事になります。
子供は成長過程でいろいろな顔をみせるようになっていきます。
それはいいことばかりではなく、時に「これはちょっと…」ということもありますし、大人を困らせることもあるでしょう。
でも、保育士という仕事はそういう時も子どもの味方であり、子供を支えるために多くのことをこなしていかなければなりません。
つまり、基本に「子供が好き」というものがないと、辛い仕事になる可能性もあります。
「子供が好き」ということは、保育士を目指す人にとって重要なことになるでしょう。

コミュニケーション能力の高さは重要です

また、コミュニケーション能力の高さはおおいに求められるところ。
保育士と言うしごとは、1人ではなく多くの保育士とチームを組んで子供たちの世話をしていきますので、やはりコミュニケーション能力の高さはとても大切なことになります。
子供とのやりとりも、コミュニケーション能力の高さが求められることがありますものね。
なんにせよ、保育園の先生をめざすのであればコミュニケーション能力は高い方がいいです。

また、先生と言うのは「子供たちにとってはお手本である」ということを忘れないこと。
お手本になる職業だからこそ、保育士は子供たちに恥ずかしくないようなお手本になることができるようにならなければなりません。

人前で歌ったり踊ったりできる

これが意外に重要なことです。
保育士になると、人前で歌ったり踊ったりということをしなければならない場面が多くなりますので、こういったことが苦ではない人が向いています。
ぜひ、このようなことに自信がある人は保育士を目指してみてほしいですね。
保育士として働きたいと考えている人は、やはり「人前で歌ったり踊ったり」という機会が多くなりますので、それができるという人に多く目指してほしいです。
子供たちといろんなことを楽しめる大人が理想ですね。