子供に関わる仕事

特別支援教育支援員

特別な支援が必要な子供たちを支える特別支援教育支援員

小学校では、障害がある子供たちのために「特別支援教育支援員」の配置が行われています。
以前は「養護学級」としてひとくくりにされていた障害児のためのクラスも、今は「知的障害がある子のためのクラス」「情緒支援が必要な子供のためのクラス」など、その子供の症状に応じて分けられるようになっています。
そして、そんな子供たちが学校生活を迷わずに過ごすことができるように、特別支援教育支援員が設置されています。

支援学級では、一クラスに何人が入れるのか、何人に教師が何人つくのか、きちんと決められています。
しかし、障害がある子の場合は教師が一人では足りないこともあります。
学習など、集団で受けることが難しいこの場合は1:1で教える必要がありますので、そのぶん手数が必要にありますよね。そんな時、頼りになるのが特別支援教育支援員の存在です。
特別支援教育支援員は、教職員を手伝って子供たちのフォローをしていく大切な役割をもつ仕事です。

子供たちが学校生活をきちんと送れるように、きちんと学ぶことができるように

障害をもった子供たちが学校生活を楽しくおくることができるように、特別支援教育支援員は本当にいろいろな支援を行います。
支援学級の場合、子供たちがどう生活をしていくのかはそれぞれ。
できるところだけ普通学級に行く子もいれば、一日を支援学級で過ごす子もいます。
その子に合ったサポートをしていくことが、特別支援教育支援員の役割になります。
例えば、「体育や図工の授業だけは普通クラスで受けることができる」という子供の場合は、支援員がついて普通クラスに行って授業を受けることがあります。
また、なくしものが多い生徒(注意欠陥などがある場合)はそのフォローも行いますし、子供が1:1の学習が必要な場合はその支援も行うなど、色々な形で子供たちをたすけていきます。
どの子にどういった支援をしていくのかは、教師と一緒に協議して決めることになります。
特別支援教育支援員は、子供たちを支える本当に大切な仕事になります。

特別支援教育支援員になるには

自治体で研修などが行われており、そのガイドラインに従って学ぶことになります。
もちろん大変な仕事ではありますが、特別支援教育支援員は子供たちにとって必要なサポートを行う本当に重要な仕事になりますので、やりがいは十分。
子供たちを自立させるための仕事ともいえる特別支援教育支援員というお仕事に、挑戦をしてみませんか?