1. >
  2. >
  3. 発達障害児を取り巻く大人たち

発達障害児を取り巻く大人たち

発達障害児を取り巻く大人たち

近年、発達障害児と診断される子供が増えている

近年、多く語られるものに発達障害児があります。
発達障害、一度はきいたことがあるのではないでしょうか。
発達障害とは、たとえば「他の子よりちょっと落ち着きがない」「言ってはいけないことをはっきり言ってしまう」「一方的に自分が好きなことばかりを話し、会話が成立しない」などの症状を持っている子供のこと。
タイトルでは「増えている」と書きましたが、正確にいえば「今まで見逃されてきたものが、障害として診断名がつくようになった」と考えた方がいいかもしれません。
発達障害のなかで、良く知られているのが「アスペルガー障害」「ADHD」でしょうか。
アスペルガー障害は知的障害のない自閉症のこと。
ADHDは、多動や注意欠陥がある障害のことで、どちらも発達障害になります。
発達障害が難しいのは、「同じ診断名だったとしても、おなじ症状があるとは限らない」ということ。
まったく同じ診断名だったとしても、困り感は子供によって全くことなり、「本当に同じ診断名なのか」と疑問に思われてしまうこともしばしば。
さらにいえば、外見は他の子どもとまったく変わらないために、周囲からみれば「わがままな子」とみられる可能性もあり、本人だけでなく親御さんも苦しむというケースも。
だからこそ、発達障害に詳しい大人がきちんと接していく必要があります。

たくさんの専門家が一緒に子供を支えていく

発達障害に関しては、たくさんの専門家が一緒に子供を支えていく必要があります。
例えば、言語聴覚士。
言語聴覚士の役割も幅広いですが、たとえばうまく話すことができないことや、話が理解できないといった障害に対応をしていきます。
また、他にも文字を読むことができない人にも対処をしていくことがあるので、、学習障害に対応をすることも考えられます。
また、臨床心理士も発達障害の子供に寄り添う職業のひとつですね。
輪腫心理士は、医師にかわって発達検査などをすることもある職業。
臨床心理士は、子供たちと接しながら「どうやったら子供たちの生活を助けることができるのか」などを考えていきます。こちらも、発達障害児にとっても非常に心強く、親にとっても相談相手になることも。
このように、子供に関わる職業には本当にたくさんの種類があります。
これらの専門家たちがしっかりと子供たちに関わることで、子供たちの生活を助けていきます。
本当に、たくさんの大人が障害のある子供を支えているのです。