保育士が活躍する職場

広がる保育士としての勤務先

保育士の職場というと、認可保育施設もしくは無認可保育施設といった場所が最初に思い浮かびます。
保育園や保育所で勤務する人のことを「保育士」と呼ぶように思っている人も多いかと思います。

ですが、現在ではそうした従来型の保育施設だけでなく新しい託児のためのサービスを行う場所が急増してきており、そうしたところで保育士免許を持っている人を多く求人募集しています。

ですのでこれから保育士として勤務するなら、保育所や保育園だけを見るのではなくより広いところからの求人に目を向けてみることをおすすめします。

保育士免許が生きる職場

保育士免許所有者が優遇される職場としては、上記の託児施設の他、児童厚生施設や児童養護施設といったところがあります。

児童厚生施設とは、託児所とは異なる地域の子供の遊び場となるような福祉施設のことです。
各地域に設置してある児童館や児童遊園といったところがこれにあたります。

一方児童養護施設とは、保護者のない児童や、虐待などにより親元から離れている児童に対しての養護を目的とした施設です。
そうした施設に入所している子供のケアをしたり、日々の様子をみて観察報告などをしていくということが仕事になります。

ほかにも各地域で独自に自治体が設置している施設や、民間企業が福利厚生目的や利用者のためのサービスとして設置している託児施設でも保育士は多く求人がされています。