スキルアップ

モンテッソーリ教育

最近話題のモンテッソーリ教育とは

幼児教育に関する新しい教育法が次々に登場している現代ですが、中でも今注目を受けているものの一つに「モンテッソーリ教育」というものがあります。
「モンテッソーリ教育」とは簡単に言うと子供の自立を促すための教育法のことで、大人が子供に対してあらかじめ課題を与えるのではなく子供が自主的にやりたいことを決めそれを達成するということを目標にしていきます。

教育法の名称に使用されている「モンテッソーリ」は、イタリアで最初の女性医学博士であるマリア・モンテッソーリからつけられたもので、生前には障害児教育を中心に幼児教育について多くの研究をしてきました。

マリア・モンテッソーリの実績として特に大きいのがローマ不動産協会が提供した貧困層向けアパートを使って作られた「子どもの家」という場所で、この施設の中で行われていたのが現代まで伝えられるモンテッソーリ教育であるとしています。

モンテッソーリ教育の土台となっているのが「教師」という役柄を設置せずに、大人は子供を観察して自主活動を援助する役割に徹したということです。
そのために独特の理論を開発し、必要に応じて教具などを使うように指示しています。

年齢を混合したクラス分けで行う

モンテッソーリ教育独特の方法と言えるのが、年齢ごとでクラスを分けるのではなく、年齢の混在した子供同士のクラスで勉強をしていくということです。
これは年長の子供が年少の子供の面倒を自然に見るようにすることで、お互いの自尊心を育て自立した行動ができるようにするためです。

また内部で遊びをするときには「お仕事」と言われるちょっとした作業を通して行うようにしているところも特徴で、洗濯やアイロンがけといったお手伝いを遊びの中に取り入れて自然に自分で自分のことをできるようにしていきます。

他にも通常の幼児教育にはないような高度な知識を用いる作業をしたり、感性を伸ばすための方法がとられたりとその教育法はかなり奥深いものとなっています。