スキルアップ

専門学校を選ぶポイント

保育士を目指すなら学校選びから

保育士として勤務をするためには、事前に保育士資格を取得していなくてはいけません。
保育士資格をとるためのルートはたくさんありますが、そのためには一定の教育課程を修了するか、もしくは国家試験を独自に受けて合格をしなくてはいけません。

最短で保育士の資格を得るためには、まず高校を卒業したのちに厚生労働大臣指定の養成機関へ進学をします。
進学先は四年制大学・短期大学・専門学校がありますが、それぞれの保育士養成課程となっている単位を全て取得して卒業をすることで卒業と同時に保育士の資格を授与されることになります。

一方でそうした専門の教育機関を経なくても国家試験に合格をすれば取得をすることは可能です。
保育士養成課程を含まない大学・短大・専門学校を卒業するか、もしくは社会人として2年以上の実務経験があると保育士の国家資格試験を受験することができるようになります。

試験は年一回行われているので、そこで合格したのちに都道府県に免許登録をすることで保育士として勤務をすることができるようになります。

保育士専門学校の種類と選び方のコツ

保育士になるために専門学校での養成課程を選ぶなら、まずはきちんと学校選びをしていくことが大事になります。
現在保育士のための専門学校として運営をされている学校には「指定校」と「併修校」の2つがあります。

「指定校」とは正しくは「文科省・厚生労働省指定校」のことをいっており、その学校で課程を修了することで卒業時に「幼稚園教諭2種免許状」「保育士証」の2つの登録をするときに必要になる「保育士登録資格」を授与されます。

反対に「併修校」の場合そうした文科省や厚生労働省といった保育士・幼稚園教諭の管轄団体からの認可がないため、資格取得をするためには別途短大などで行われるスクーリング(指定先併修校受講)などを行わなくてはならなくなります。

全体的に手続きが煩雑になり費用も結果的に指定校よりも多額になることが多いので、やはり早めに保育士の資格をとりたいと思うなら指定校での受講をする方がおすすめになります。

大学よりも専門学校の方が就職に有利になることも

複数ある保育士へのルートですが、やはり取得するならその先の就職に関してもよく吟味しておきたいですね。
専門的な勉強をして保育士を目指すなら大学に入ることが一番のように感じますが、実際の就職の現場でみると意外にも専門学校の方が多く就職先を見つけているというデータがあります。

平成20年度の調査ですが、大学の保育士養成課程を出た保育士の就職率が69.9%であるのに対し、専門学校は80.9%と圧倒的に専門学校の方が有利という数字になっています。

これは長く運営をしている保育園や保育所から専門学校が定期的に就職枠をもらっていることや、就職に関する情報収集ではやはり専門性の高い専門学校の方がやや有利ということが関係しているようです。