1. >
  2. >
  3. 保育実習の時に着てはいけない服装とは
ジーンズ

保育実習の時に着てはいけない服装とは

保育実習の時に着てはいけない服装とは

基本は動きやすく清潔感があり安全であること

実習は、保育士の仕事内容や子供達とのふれあい方を学ぶのみならず、一人の社会人としてマナーある行動を学習するチャンスです。
そこで悩むのが、実習に出向く際の身だしなみや所持品等で、私服でかまわないのか、就活で使うようなキッチリしたスーツで行くべきか悩む方は多いでしょう。

念頭におくべき基本の服装は、動きやすく、清潔感があり、安全であることです。
実際には多くのケースである程度、園側から実習前に指定されますので、その場合には、指定に沿って服装を準備しましょう。

特段に服装の指定がないケースであれば、白いシャツに黒いパンツといった派手さがなく、動きに制限がなく、相手に清潔感を与えるシンプルな服装で出向くべきです。
肌の露出部分が多すぎる服装や休日のようなラフな服装、お洒落さが目立つ派手な服装は、実習先の園の保育士さんたちや保護者にマイナスのイメージを与えます。
フリルの付いた服やスカートなどのオシャレ着あるいはノースリーブ、ジーンズといった普段着は避けるようにします。

他にも事故の恐れがあるのも避ける必要があります。
例えば、紐やフードがついた服も子供の事故の恐れがありますので控え、また、ピアスなどの小物アクセサリーは子供達が誤って飲み込む恐れがありますので付けないようにしましょう。

長めの髪はシュシュでまとめる

実習では運動のシーンも多く長い髪は好ましくありませんが、髪が長めの方はシュシュでまとめることを忘れずに。
長い髪は運動中の動きの制限になるだけでなく、子供たちに当たったりすることもありますので、ポニーテール型に1本スッキリ動きやすくしましょう。

髪をまとめる際にも、事故の可能性を極力下げる為、ピンなどの使用はせず、シュシュを使うのがベストです。
ヘアピンは落とした場合見つけ難く、アクセサリー類と同様に子供達が誤って飲み込む危険があるのです。

実習の際の持ち物のチェックリストを作る

実習に際し持っていくべき持ち物は園により様々であるため、園側から指定されることも多くあります。
しかし、細部にわたり指定されることは少なく、また、保育士の心構えとして当然の事として求められるモノもありますので、指定の有無にかかわらず事前にチェックリストを作成して準備するようにしましょう。

不明点はまとめて事前に園側に質問して忘れ物のないように万全を期します。
一般的に準備する持ち物の例を挙げると、名札(園により大きさなど規格が定められる場合もあり要確認)、筆記用具、鋏や糊など文房具、ハンカチ、ティッシュ、上履き、運動靴、帽子、弁当、歯ブラシやコップなどです。

また、実習中の屋外での運動などで服が汚れるケースは良くあることですので、必ず着替えを準備しておきましょう。
印鑑は園へ書類を提出したり、日誌に印鑑を押印するケースも多く、求められれば常に出せるようにします。