1. >
  2. >
  3. 保育士のハラスメントについて

保育士のハラスメントについて

保育士のハラスメントについて

保育施設で起こるハラスメントとは

保育士や保育業界は、全業種で見ても非常に人材不足が深刻です。

保育士として勤務をするためには必ず保育士の国家資格を取得しなくてはいけませんので、就業までの苦労はかなり高くなります。
しかし実際に保育士の資格を取得したり、一度は保育士として勤務をしたのにその後保育の仕事を続けることなく他の仕事をしているという「潜在保育士」もかなりの数に上っているのです。

保育業界の大きな悩みとなっているのがこの潜在保育士の存在なのですが、それは保育士の就業環境に問題があるということを示しています。
保育士の仕事は給与水準が低かったり、勤務時間が長く体力が必要だったりと環境・待遇面にも大きな問題がありますが、それらが続くことにより職場でハラスメント行為が発生するという悪循環が起こっているのが現状です。

人手不足だから一人ひとりの仕事の分量や責任が大きくなってしまい、それがストレスになって職場の人間関係を悪化させてしまう原因となっています。
最近になってようやく保育所内のハラスメントが伝えられるようになってきましたが、一般の人が耳にしていることよりもはるかに現状は深刻であるということを、もっと多くの人に知っておいてもらいたいです。

保育園での事例

具体的な保育園で起こるハラスメントとしては、「パワーハラスメント」「モラルハラスメント」といったものが大半です。
女性が多い職場ということで上司などから性的行為を強制される種類の「セクシャルハラスメント」が起こるケースはそれほど多くない反面で、同性からのセクハラや男性保育士へのセクハラが発生しがちとなっています。

また、最も深刻と言えるのがモラハラの一種でもある「退職ハラスメント」です。
「退職ハラスメント」とは、辞めたいと希望をする人に対して執拗に嫌がらせをしたり、場合によっては脅迫的な言動で退職を妨害するというようなこともあります。
パワハラとモラハラの事例としては、勤務時間外の早出や長時間の残業を強制されたり、業務上のミスなどに対して人間性を否定するような言動を繰り返されるといったことがあります。

近年多くの業界で言われる「マタニティハラスメント(マタハラ)」も保育園では多く起こっており、若い保育士さんが入社すると妊娠・出産の順番を上司から割り振られるといったことも起こっています。

対処法

保育園におけるハラスメントの難しい点は、閉鎖的な空間であることにより、そこでの常識を世間での常識と思い込むことです。
長く仕事をしていると感覚が麻痺してしまい、自分もハラスメントに加担してしまうということもあります。

もし「おかしい」と感じることがあったら、録音や日誌で証拠を残しておき、労基署に相談をしてみるというのも一つの方法です。