1. >
  2. >
  3. 主任保育士の仕事について

主任保育士の仕事について

主任保育士の仕事について

主任保育士の役割

主任保育士とは、それぞれの保育施設内において特定のクラスを受け持つのではなく、保育所全体のリーターとして保育環境を整えるために設置される役職です。
2003年度より一定の基準を満たす認可保育所においては主任保育士を設置するように予算編成がされていることから、現在ではほとんどの施設で「主任保育士」が任命されるようになっています。

イメージとしては一般企業における課長や部長といった役割で、現場で勤務をする保育士に対してマネジメント的な業務を行っていくことになります。
この場合のマネジメントというのは金銭面で利益を得るということではなく、より保育環境が充実することができるようにしていく、ということです。

クラスを持つ保育士たちは、保育士の国家資格を所有していることでは共通しているものの、それぞれ考え方や経験、能力などが大きく異なります。

そこで主任保育士はそれまでの保育経験を活かし、保育所全体として保育士としてのスキルアップをしていくことを目指すとともに、どのクラスに配属となった子供も最適な保育を受けられるようにしていくことが最重要任務となるのです。

そのため、主任保育士は何か特定の資格に合格すれば自然になることができる仕事というわけではなく、それまでの経験や勤続年数などによって選定されます。
一般的にはそれぞれの施設で長年保育士としてキャリアを積んできた人が面接などを経て主任保育士に任命されるということが多いでしょう。

主任保育士としての仕事内容

主任保育士は一般企業で言う所の中間管理職にあたりますので、まずは所長と話し合いをして、そこからどういった方針でその保育所を運営していくかを決めていきます。

主な業務は、まず保育士一人ひとりに対する指導や教育です。
国家資格である保育士の試験は決して易しいものではないのですが、試験に合格しただけで実際の保育の現場で十分に仕事をしていけるというわけではありません。

その後さまざまな経験を積むことで保育について学ぶことが多いことから、主任保育士は自身の経験をもとに新人の保育士達が直面する悩みについて指導をしながらキャリアを伸ばす指導をしていきます。

主任保育士になるためには

主任保育士となるためには、まず何よりも本人が「主任保育士になりたい」という意思を示すことが重要です。
特定の資格に由来しない主任保育士においては、本人の意思が最も重視されます。

大きな保育所になると主任保育士を希望する人に向けての研修を行っていたり、面談などで意思を確認したりします。
そうした場面で自分はどういった形で保育の仕事に携わりたいかを示すことにより、主任保育士に任命されやすくなるでしょう。