1. >
  2. >
  3. 保育士がSNSで気を付けることとは
スマホ

保育士がSNSで気を付けることとは

保育士がSNSで気を付けることとは

日常的にSNSに頻繁に投稿する方は特に注意

現在では、普段から気軽にスマホで、フェイスブックやツイッター、ライン、インスタグラム等のソーシャルネットワークにコメントや写真をアップして互いの情報を共有できるようになっています。
ただ、ソーシャルネットワークには気軽に利用できるからこその思わぬ落とし穴が潜んでいます。
特に保育士は同じ園につとめる他の保育士さんだけでなく、園児やその保護者など、多くの人と交わる保育士特有のSNS利用上の注意するポイントがありますので整理してみます。

子供が写り込む園の様子や園児の様子の画像をSNSにアップしない

園児の写真を投稿してはいけないと言われると、それはそうだろうと当然のことのように思う方も多いでしょう。
ところが、日常的に出来事をすぐにアップする事が習慣化している方も少なくなく、実際に個人のSNSに子供の写った画像をアップする保育士さんもいます。
園児の可愛らしい様子を撮影すればつい友人にも見てほしくなり、SNSで共有したくなる気持ちになります。

しかし、子供の保護者の立場で見れば、仕事中に私用スマホで写真を撮っているのかと不信感を持ち、自分の子供の写真を勝手に個人のSNSにアップされた場合、快く思わない方も多いです。
中には自分の子供がどの園に通っているかを広く周知する事を不愉快に感じたり、その事により何らかの支障があることさえあるのです。
極端な例を挙げると、母親がパートナーのDVから逃れるために別居していて居場所を知られたくない場合だってあり得ます。
そんな時子供の写真がネット上に投稿されたというだけでも、探されるのではと辛い思いをすることになるのです。

こんなケースでは無意識でやったことであっても、不注意では済まない酷い行為をしてしまうことになりますので、慎重になりましょう。
園児が写り込んだ写真のアップはプライバシーの問題も絡みますので、保護者の同意書等を得て、保育園の公式HPで公開する以外に基本的に使ってはいけません。

画像だけでなく書き込みにも注意が必要

保育士の仕事は、職員の十分な確保が出来ず忙しい割には十分な給料がもらえないなど厳しい職場環境です。
そんな中で、ストレスが溜まると周囲に相談も出来ず一人で悩みを抱え込みがちになり、職場でのグチをSNSに書き込みたくなる時もあります。

しかし、例え匿名であってもそのSNSのコミュニティにその人を良く知る方がいれば誰を指すかすぐにわかり、本人に伝わりでもすれば気まずい思いをすることになりますので、おおやけのスペースに同僚や上司、保護者の悪口を書き込んではいけません。
また、近年では保護者も子供のクラスの担当の保育士のSNSをチェックしているケースも多いので、保護者や他の保育士も閲覧している可能性もわかったうえで教育者としての自覚ある投稿をしましょう。